まずは必要なものを揃えたり、掃除をすることから!

軽自動車を売るときの注意点について

軽自動車を売る時の注意点

●確認をしよう!

軽自動車を売る前の注意事項について 軽自動車を売る時に必要な書類として、「自動車検査証」と「印鑑登録証明証」がありますが、ここで注意したいのは、この自動車検査証と印鑑登録証明書の住所が異なる場合です。その場合にはあらたに必要な書類が発生します。ここでは、これらのことについて、ご紹介します。軽自動車を売る時に必要な書類は、自動車検査証(現住所・氏名を確認)、自賠責保険証明書、軽自動車納税証明書(有効期限を確認)、印鑑登録証明書、印鑑(認印で可)、振り込み口座(メモなど)、リサイクル券(預託済みの場合)です。

しかし、冒頭で前述しましたように、自動車検査証と印鑑登録証明証の住所が異なる場合には、一度住所変更があった人は「住民票」が、複数回住所変更があった人は「戸籍の附票または住民票の除票」が、結婚などで性が変わっている場合には「戸籍謄本」が、追加で必要な書類となります。以上を用意しておけば、売却の準備はOkです。

まずは査定してみよう

1分でわかる車査定 インターネット査定を利用すれば1分で概算買取価格がわかりますよ。

紛失した場合は?

■再発行などの手続きを

もし万が一、必要な書類をなくしてしまっている場合、その対処法について、ご紹介します。まず、自賠責保険証をなくしてしまった場合は、ご自身が加入している保険会社で、無料で再発行が可能です。ただし申請時には、免許証などの本人確認できるものが必要になります。自動車検査証(車検証)をなくしてしまった場合には、ご自身が登録した陸運局で、再発行してもらえます。しかし手続きには、申請書類代と手数料がかかりますので、注意しましょう。

納税証明書をなくしてしまった場合には、管轄の都道府県税事務所で、無料で再発行あいてもらえます。これら必要書類をなくしてしまっている人は、できるだけ迅速に再発行の手続きをとるようにしましょう。また、これまでにご紹介した必要書類以外にも、共に提出することで、軽自動車の査定にプラスになるものがあります。それは、整備手帳・取扱い説明書・スペアキー・取り外した純正部品です。これらがあると、査定額がアップすることがありますので、できるだけ提出するようにしましょう。

有利になること

■ワックス掛けは必須

軽自動車の買取金額をアップさせるために、ワックスをかけておくことは有益です。ワックスは、車に光沢を与え美しくする効果を持っています。軽自動車をそのままの状態で査定に出すのと、ワックスをかけて査定に出すのとでは、大きな差が出ます。これは、売る時の大切なポイントです。一般に、査定士はとにかくキレイな状態を好みます。しかし、これから売ろうとしている車に高いワックスをかける必要はありません。キレイに光沢が出ている状態であれば、安いワックスでもまったく問題はありません。

さらに手軽に済ませるのでしたら、ガソリンスタンドに設置された機械で、洗車とワックスをされることをおすすめします。手がけのワックスがけは費用がかかりますが、ガソリンスタンドなどに設置された洗車機でのワックス洗車であれば、ワンコインでできるところがほとんどです。大変手軽で且つ便利にできる方法ですし、洗車でしっかりと汚れを落とした状態でワックスをかけるので、ピカピカな状態に軽自動車がなります。さらに、ガソリンスタンドには、車内専用の掃除機が置いてあるところが多くあります。見た目だけでなく、車内の清潔さも査定に響きますので、洗車後に掃除機をかけることもおすすめします。

ただし掃除機は、通常であれば分単位で100円と有料になります。査定士がまず目にするのは、間違いなく軽自動車の外見です。なので、時間に余裕のある人は、家で掃除機をかけてもいいと思います。 査定士にキレイな車だという印象を与えることができれば、こちらのペースになります。安いワックスで構いませんので、かけておくと車の買取金額がアップする可能性は高くなります。